あっと言う間の最終日。

今さらだけど、やっぱり古着はいい。

しっかり自己確認が出来る。

こちらに来ていつも思う事、

日本の幼児性可愛いファッションは

おかしい。

多分知らずに

翻弄されてるだけなんだろうけど。

年齢なんか越えて素敵な楽しい服は

沢山ある。

服で気分はいくらでも変えられる。

この事を少しでも

多くの人に伝えたいと

年の瀬に強く思うのです。

そして最後の大仕事、

今から怒涛のパッキング。

安田美仁子








広告