無事帰ってきました。

80年代後半から数え切れないほど

仕入れに行ってますが、

今回は体力的に不安もあったので、

やり遂げられて本当によかった。

自信がつきました。

そして自分の原点である

アメリカのフリーマーケットを

改めて見て、

一人一人のディーラーが周りの相場に

翻弄される事なく、

だからといってマーケットに

背を向けるではなく、

しっかりファッションの風も

感じながらそれぞれの価値観で

アウトプットするという、

当たり前だけど貫くには

凄まじく大変な作業は

やっぱり正しいと確信しました。

本質は目に見えてても、

行う事はそう簡単ではありません。

だからやる価値がある。

と、少々熱い思いで帰ってきました。

そして玄関に着いた途端、

ふいに強烈にマックが出てきました。

いつもアメリカから帰ると

狂ったように尻尾を振って

ぐるぐる廻って出迎えてくれて、

私の赤いスーツケースの中に

お土産のでっかい豚の耳が

入ってるのを知ってて楽しみにしてた。

こういう特別な機会の時に

ふいにうわっと来る。

さて、少し休んで溜まってる作業を

片付けながら年末に突入です。

安田美仁子





広告