最終日、仕入れのプレッシャーから

暫し開放されてインプットのひととき。
そしていつもの仲間と食事。

LAはいつでも来たい場所だ。

今からパッキングです。

安田美仁子

広告