会場演出のお話。

自分自身で価値を見出しながら、一枚一枚選んできたものを何年か前から写真に残してきました。

もう二度と会えない愛すべき服や雑貨達で当日の壁面を埋めます。

これはほんの一部です。
不器用極まりない私が毎夜制作中。

かなりの迫力になる予定です。
安田美仁子

広告