ごく一部の人のリクエストにお応えする

雑誌紹介2回めは1983年のanan。

ananはかっこいい雑誌だったのです。

ちらほら古着という言葉が登場し、

一部の人が気にしだした頃。

インポートデザイナーの存在もほぼない頃の

日本にロンドン特集は刺激的でした。

90年代以降のいかにもロンドンというカルチャーな

カテゴリーもまだなく、

それぞれで古着を取り入れてるのがいい。

そしてあの有名なの含め広告が潔い。

安田美仁子

広告