阪神大震災から24年。

あの時はスタッフも沢山いて、皆んなの無事をやっと確認出来た後の2/1、立て直しをしなければと、とりあえず東京に来た。

普通にお茶が飲める都内の光景に戸惑いながら、知り合いの記者を前に堰を切ったように言葉が出てきた。

そして話し終わると、「それ記事にしてもええ? 」

と言われ形になったのがこれ。

その東京行きが後の東京店舗のきっかけだ。

なので、いつも東京では店の成り立ちを語る上で、震災後という言葉を使う。

今日はあの日から幾度となくがれきの中を歩き続けたブーツと、一緒に着ていたアウターを合わせた。

服はあの時の気持ちも持っててくれてる。

安田美仁子