一部の人のリクエストにお応えして

蔵書の雑誌からお見せしたいものをご紹介。

期間があいてしまいましたが、第4弾。

今回は1986年7月のポパイ。

特集記事はおぼっちゃまファッションとして

ジャケットやネクタイを取り入れてみましょう

という事なんだけど、それより目を惹くのは広告ページ。

迷いなく自社製品を推してる熱が伝わる。

周りを見てない感じが面白い。

私はバブルが良かったとも思わないし、武勇伝も嫌いだ。

だけど、

お手本も無く素直に感じるまま突き進んでた空気は

人の本質な気がして、そこは伝えたいと思う。

あの頃特有の角ばったデザインの車は今でも好きだ。

安田美仁子

広告