突撃洋服店

<神戸店>

スタッフ 二階堂はな

からのお知らせ

突撃洋服店でお仕事をするようになって、

来年の4月でまる4年ですが、

自身の作家活動の絵を描くことに

集中するために

その少し手前の1月10日をもって

突撃洋服店を辞めることになりました。

今でも、面接の時の事を思い出します。

安田さんの少し厳しめな言葉というか、

仕事に於いての「覚悟」

「プロ意識」

を強く感じました。

販売の仕事は、以前にもやっていましたが、

突撃洋服店でお仕事して、

本当に深められたと思います。

安田さん=突撃洋服店

の強み。

魅せるということ

●「在る・もの」をいかに動かして

いかに魅せるか?

百貨店でのポップアップやイベントの時に

●前回のことを繰り返さず、

一度捨て去り、真っ白のキャンバスに、

新しく過程を築き組み立てていく作業。

いかに新しくなるか、いかに新しくするか。

いかに「今」を表現するか。

ミーティング

●しっかり考えて、答えをだしていく。

安田さんは、必ずあらゆることに

答えてくださいました。

話す事でアイデアが生まれ、実践。

すごく深いミーティングでした。

最初の頃、

ミーティングで質問することが目標でした。

質問することの重要性を知りました。

質問することは、仕事をして疑問が生まれ、

それを共に考え、答えを出す作業。

ミーティング、素晴らしいです。

「洋服であって、洋服でない」

●私は、この言葉、辞める目前になり、すごく自分にぐっと飛び込んできました。

素晴らしい言葉。可能性の塊みたいな言葉。

洋服=アートピース

着る事の面白さ

着る事の覚悟

着る事の感動

着る事で新しい自分との出会い。

まだまだたくさん私が突撃洋服店で感じて

得た事やものはたくさんあります。

絵に集中するために、

突撃洋服店を辞めるのですが、

突撃でのことは、

絵の感覚にもたくさん繋がる所があります。

「絵」「服」

私の中では、全く境界線はなく、

一人の人間ができるひとつの

「表現」

と信じています。

突撃洋服店、神戸店から離れますが、

また、新しいスタイル、

新しいフィルターを持った姿勢で

お会いすることがあると思います。

神戸にはおりますので、

お店にも遊びに行きますし、

これからも宜しくお願い致します。

ありがとうございました^_^

残りの在店日です。

12/22(日)13:00〜19:00

27(金)13:00〜20:00

29(日)14:00〜20:00

1/2(木)13:00〜20:00

4(土) 13:00〜20:00

5(日) 13:00〜19:00

9(木) 13:00〜20:00

10(金)13:00〜21:00

※最終日は21時まで営業いたします。

直接ご挨拶させていただけたら幸いです。

ご来店お待ちしております。

二階堂はな